リラックスしながら改善しませんか?

東洋医学の技術とほぐしの技術で身体をリフレッシュ

瞑想について

瞑想は、Google社など世界中の企業で取り入れられています。
瞑想とは心を鎮めて自身と向き合い、頭の中を巡る雑念に執着しないようにして、「無」を目標に行うことです。
頭の中に駆け巡る雑念や日常のストレスがあることに気がつけます。

瞑想を行うメリットについて

瞑想を行っていくと、物事をより客観的に見ることができ、自身の感情をコントロールでき、嫌な感情やイライラ・ストレス・人間関係に振り回されにくくなっていきます。少し大げさのように聞こえますが、無駄なストレスを抱えずに済むようになっていきます。

瞑想が上達するにつれて、呼吸は深くできるようになっていきます。
呼吸が浅いとどうなるのか、
①活性酸素が溜まりやすくなり、疲れがとれにくくなります。
②腹直筋が凝りやすくなる。
③肩首が凝りやすくなる。
④疲労が取れにくい。
⑤便秘になりやすい。
また交感神経が高ぶる状態ですので、緊張や不安が続いたり、ストレスの基となってしまいます。
深呼吸を行うことによって、穏やかで落ち着いた気持ちになれ、ストレスの緩和に役立てると思います。

瞑想を行うPOINT

瞑想を効率よくおこなうために3つのPOINTをご紹介致します。
まず1つ目は、「姿勢を整えること」です。
瞑想において、姿勢の乱れは心の乱れと連動すると言われています。

【手順】
①座り方は、あぐらでも、正座でも構いません。その姿勢が辛い方は椅子に座っても大丈夫です。
②背筋を伸ばして座ったら、両肩から腕とリラックスしていきます。
③目は閉じても、少し開けた状態でも大丈夫です。

2つ目が「呼吸を整えること」です。
瞑想を行うときは、鼻から息を吸って、鼻から息を吐いていきます。
普段の呼吸ですが、意識して行うことによって心も安定していきます。

3つ目の「心を整えること」です。
心を整えるとは、「意識を整えること」です。
一番簡単なのは、お臍の周辺に意識を向け続けることです。
雑念などがでた場合でも執着せずに流すようにしましょう。
最初は1分から始めて徐々に増やしていきましょう。瞑想も歯を磨くように習慣化することもオススメです。

2019/2/27