痛みの少ない手技療法

東洋医学/点穴療法/整体

自粛中の養生法③座っていることが多い方は気を付けて

神奈川県・厚木市ゆったり整体院のブログを見て頂きありがとうございます。

東洋医学の原因論に「坐」というのがあります。

「坐」とは長く座っていることを意味し、脾のはたらきを損なうと考えています。
脾は飲食物を消化し、その栄養を運搬しますが、座っていることが多いとその消化運搬機能を失調してしまいます。
症状として、胃やお腹の不快感・張り感・胃痛・便秘・唇の乾燥や荒れなど。

養生法としては、手足を動かすような運動。東洋医学では適度な運動は胃腸の消化吸収運搬の機能を高めてくれると考えています。食品から胃腸にはたらきのであれば、かぼちゃ・さつまいも・柿・みかん・とうもろこし・大豆・バナナ・はちみつ・黒糖・オリゴ糖など普段の食生活の中に取り入れてみて下さい。

2020/4/21