リラックスしながら改善しませんか?

東洋医学の技術とほぐしの技術で身体をリフレッシュ

自律神経の乱れに困っているあなたへ

このような不調でお困りですか?

「身体が弱く疲れやすい」
「身体が弱く体調を崩しやすい」
「食欲の低下」
「胃腸の調子を崩しやすい」
「眠りが浅い」
「寝ても疲れがとれない」

上記に書いてある不調は、東洋医学では虚弱体質と分類しています。

虚弱体質とは?


虚弱体質とは「身体が弱く疲れやすい」「身体が弱く体調を崩しやすい」「風邪をひきやすい」「食欲の低下」「胃腸の調子を崩しやすい」「睡眠が良好ではない」「便秘や下痢を繰り返す」「呼吸が浅い」などの傾向がある方をいいます。
西洋医学では検査結果に問題ないと言われるケースが多いのではないですか?
ご本人からしたら辛く、それを理解されにくく、体調を崩しやすくて他の人から嫌な目で見られた経験もあるのではないですか?
虚弱体質は先天的に生まれ持った体質の場合と、後天的すなわちこれまでの生活環境によってなる場合があります。

東洋医学では虚弱体質を虚証タイプと考えています。
東洋医学系の整体施術、鍼灸、漢方などはまず虚証タイプと実証タイプの2つに分けています、この考え方はとても重要で漢方などの処方でこれを見間違えると大変なことになるくらいです。

では虚証タイプと実証タイプとはなんのことでしょうか?

虚証タイプは体力が乏しい方、低下している方
身体が弱く疲れやすかったり胃腸のはたらきがよくないような方です。
実証タイプは虚証タイプの反対で体力があり、胃腸が丈夫で不調も強い傾向のある方です。

整体とどんな関係があるのか?

では整体と虚証タイプ、実証タイプのどんな関係があるのか、それは刺激量になります。
ツボを押す強さ加減のことをいいます。

身体が辛くて整体やリラクゼーション、治療院などで施術を受けた後、熱が出たり、身体が極端に重くなったり、かえって痛みをぶり返した経験はありませんか??
それは体力以上に刺激を受けたことが原因になります。

「身体が弱く疲れやすい」「身体が弱く体調を崩しやすい」「風邪をひきやすい」「食欲の低下」「胃腸の調子を崩しやすい」「睡眠が良好ではない」「便秘や下痢を繰り返す」「呼吸が浅い」などの不調は自律神経の乱れからくる不調が大半になります。

『自律神経の乱れ』による不調と『東洋医学』について

自律神経は背骨からでていて、内臓や諸器官に繋がっています。背骨の歪みは神経に負荷がかかり、内臓や諸器官の不調を招いてしまいます。ただ、歪みは筋肉の緊張のバランスが起因で起こりますので、歪んでいる部分だけを調整するのも不十分になります。
筋肉もまた、内臓のはたらきによって栄養されていますので、内臓の活性化を促すのも必要になっていきます。

東洋医学でも背骨に横に、重要なツボが存在します。
そのツボは文字通り、腰の大腸兪というツボは、大腸とも関連し、内臓を活性化するのに、ツボは有効的です。

また、経絡は複数あり、身体の浅いところ(皮膚や筋肉)から、深いところ(内臓など)、あらゆる器官などと連結していて各生理機能を調節していて、全身を網目のように繋がっています。
一つの経絡で滞りが発生すると、他の経絡まで滞り、不調を生み出す悪連鎖となってしまいます。

例えば、本厚木駅で何かしらの原因で遅延があったとします。その遅延は本厚木から先の町田方面や、小田原方面まで遅延が発生して、スムーズに動きませんよね?そしてその影響はその他の路線にも影響を与えてしまうことありますよね。これは一本の小田急線という路線でも、他の路線とも影響し合っているので、運行に支障がでてしまいます。

経絡も同じように、どこかに滞りが生じると、関係する筋肉や関節、内臓など全身に波及してしまいます。
整体では部分だけの改善だけではなく、全体との関連性を重視して滞りの根本を改善していきます。

ツボにはバランスを整えるのに最適なツボや、滞りや運動器疾患に最適なツボがあります。経絡の循環は胃や腸などの諸臓器とも関係していますし、経絡を通過する筋肉も関係しています。
だから筋肉のこりやはり、内臓等の不調もまるごと一つ全体としてのバランスを調整することができます。

何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

LINE@からもご予約、お問い合わせを承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
また不定期ではありますが、クーポンも配信しておりますのでどうしようか迷っている方は一度ご登録してみてはいかがですか?

友だち追加
営業時間&営業日
最終受付19:30
曜日
12:00
∼21:00