痛みの少ない手技療法

東洋医学/点穴療法/整体

フォトギャラリー

Gallery

東洋医学の原理と、柔らかい手技療法で施術

東洋医学の観点から、五臓の状態や気血津液の状態を判別し、下記の要穴といわれる処を手指でもって刺激していきます。
施術では身体に負担のかからないように、マットで横向きの施術、仰向けを基本に施術していきます。
下の図は一部のツボ一覧表です。

他店との違い
多くの整体院や治療院・マッサージ院などでは、筋肉をもみほぐしたり、骨格を矯正するのがメインとなります。いわゆる運動器疾患のように、痛みや運動制限が主とするところにあります。東洋医学では、そういう症状以外にも胃腸や精神的な不調、泌尿器なども対応できるという大きな違いがあります。また、施術する箇所にも違いがあり、ツボを用いて内側である五臓を中心にアプローチを行い、筋肉のこりや痛み・関節痛・神経痛はもちろん、胃腸の不調・精神的な不調の緩和改善するように施術を行っていくところも他店の違いです。